2017年10月03日

続・・果物三昧の日々・・w

最近、私の朝食はピオーネ(大粒のブドウ)と梨で終わってしまいます(笑)
その後・・何か食べようとするのですが・・お腹がいっぱいで入らない・・ww
「果物は甘いので太る!」と思っている方もいるでしょうが・・
安心してください。
果物の「果糖」は一度肝臓に送られ・・20%ほどが「ブドウ糖」として血中に送られます。
砂糖の様に一気に血糖値を上げてしまうということが有りません。

ビタミンCは「コラーゲン」の材料である・・と言う事を前回のページで書きましたが・・
ビタミンCの不足→コラーゲンの不足・・これはもう「壊血病」など命にかかわる事態・・ww
「壊血病」(ビタミンCが不足で起きる病気)は、大航海時代、多くの船員の命を奪ってきました。
実に200万人の船員がこれで命を落としたと言われています。
詳しくは・・ナショナルジオグラフィックのwebページを見てくださいね

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/011800016/
ビタミン類が全く身体に入らなくなってから僅か1〜3か月だそうです・・
ホントに怖い★
新鮮な果物や野菜類が必要な理由・・分かってもらえましたか?
お肌のためだけじゃなくて・・血液サラサラ・・や 血管年齢にこだわるのなら・絶対、果物です!!

こんなに大切なビタミンCなのに・・なぜ、人間をはじめ霊長類はこのビタミンCを作る機能を捨ててしまったのでしょうか・・・?
その理由は・・「大きく発達した脳を守るため・・」という説が有力です。
脳の栄養は「ブドウ糖」ですが・・
体内でビタミンCを作ることが出来るほかの動物たちの場合・・
ビタミンCの材料も、やはり「ブドウ糖」なのです。
霊長類の場合、高度なコミュニケーションのために脳が大きくなりました。
脳にブドウ糖を送るためにビタミンCを作る能力を無くしたと言われています。
大古・・ビタミンCは霊長類の生きる環境に沢山存在していました・・。
ゴリラやチンパンジーの住む野生の森にビタミンCを含む植物が沢山有ったのです。
ビタミンCは外から補えばいい状態に有ったわけです・・・。
だから彼らの食事はフルーツなのです♪
ビタミンCは水溶性で、残ったビタミンCは体の外に出てしまいますから
身体の中に貯めておくことが出来ないのですね。
だから毎日毎日食べる必要があるわけです。

果物の大切さ・・・少し分かっていただけましたか・・・??


最近、若い方の果物離れが進んでいる・・と、そんなニュースが気になって
こんな話を長々書いてしまいました・・。
果物・・皮を剥くのがめんどくさい・・??からでしょうか・・??
コンビニの100%ジュースで摂ってるから・・という人も多いかも知れません・・
でもね・・一度加熱した100%ジュース・・
ホントに果物や野菜の栄養がそのままなのでしょうか・・?
濃縮果汁還元ジュースがダメなことは分かっていましたので・・
私、売っている100%ストレート果汁で試してみましたが・・肌の調子は変化が無かったです・・ww
劇的に変わってきたのが、福島の桃のシーズン以降・・(笑)
こんなに新鮮な果物が安く手に入るのですもの・・
せめて福島の人だけでも沢山食べましょうよ〜♪


そんなわけで・・本日の店内情報は終わりです(笑)←マジかっ!?

福島の街中に太鼓の音が聞こえ始めました・・
福島の稲荷神社の大祭は 7日 8日 9日です。
もちろん開運堂は営業しております!
ぜひお出かけくださいね〜♪


























posted by mitsuhashi at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。